ブレーキフルードの交換

さて 10000Kmでの最後の消耗品交換はブレーキフルードです。

これも本来は20000Kmだそうですが気が早いTiggerは一気に交換してしまいます。

日も暮れかかってきたので焦りながらの作業です。

作業風景はこんな感じです。

img_0851.jpg

img_0855.jpg

ストレイトの リフィラー と ブレーキブリーダーボトル を使用します。

ブリーダーボトルにはワンウェイバルブがあるのでエアブリードボルトを緩めたまま作業できます。またリフィラーはフルードが減ると自動で補充してくれるので昔のようにブレーキレバーを握ってはボルトを締めての繰り返しをする必要がありません。

単純にゴムホースに流れてくるフルードの色が透明になれば完了です。

ビニールシートに穴を開け車体を保護、リザーバータンク周りをキッチンペーパーで包み込みタイラップで固定しました。

img_0853.jpg

リヤはここにタンクがあります。フロントと同じ要領ですがリフィラーが取付られないので左手で注ぎながらブレーキペダルを右手で動かします。

img_0856.jpg
 

ブレーキフルード交換後は必ず洗車しなければいけません。
塗装面にフルードがついていると腐食してきます。

やっと終わったー。

本日の作業は

・エアーフィルター交換
・プラグ交換
・クーラント補充
・前後ブレーキフルード交換 (別に所有のPCX150のも交換)

全て完了し近所を走りましたがブレーキのタッチが変わりました。

よく効くというか「カチッ」と止まる感じ。

これで気分よく秋の紅葉ツーリングに望めます。 楽しみ。

でもディーラーからすれば 俺って本当に儲からない客ですね。

来年の車検もユーザー車検しよっと。

 

 

 

この記事へのコメント

  • TOMBO

    R1200RT 平成17年式 2005 が先日ABSエラーを表示して廃車になりましたTOMBOと申します。

    12年乗れたので充分ともいえますが、ユーザー車検と自分で消耗品交換で頑張りました。

    古いモデルだとブレーキフルードが自分でできずにディーラーで5万円の点検コースに依存しないといけないと思い込んでおりましたが2014式以降は自分で交換ができるのですね!

    本日 2014式 中古を契約したのでいろいろ教えてください。
    オイル交換用 フィルター はユーロダイレクトがおすすめでしょうか?
    また、ドレンワッシャーは16mmでは無い?
    フィルターレンチはB74-12ではない?
    聞きたいことが沢山あります。
    よろしくお願いします。
    ユーザー車検は経験豊富ですが2014 LC タイプはわからないのでよろしくお願いします。
    2018年02月25日 21:52