PEO ゼロポイントシャフト の取付

久しぶりにパーツを取り付けました。

フロント アクスルシャフトをゼロポイントシャフトに交換しました。

ネットではかなり好評のようで、価格も手ごろでしたのでPEOのオンラインショップで購入です。

在庫はありましたので注文後3日で到着。

商品は手作り感のあるしっかりとしたものでした。

IMG_0364.JPG

MADE  IN  NARA  JAPAN  というのが安心感が持てますね。

IMG_0367.JPG

まずはエンジン下部にジャッキをあてて前輪を浮かせます。
作業中の転倒防止のためにアストロプロダクツのフレームスタンドで上からも吊り上げます。

IMG_0368.JPG

この後、アクスルシャフトを抜きますがこれはタイヤ交換で慣れているので簡単でした。
ホイールを外す時はブレーキキャリパーも外しますがシャフト交換だけなら必要ありません。
シャフトを外したところ。

IMG_0372.JPG

せっかくなので重量を量っておきました。重くなるというレビューが多かったのですが・・・。

IMG_0374.JPG
IMG_0373.JPG

おお、1グラム軽くなっているではないですか。
まあ誤差の範囲でしょうけど。
グリスは純正のグリスを塗布します。

IMG_0375.JPG

後はシャフトを差し込んで規定トルクで締め付けて完了です。
マニアルではシャフトを差し込んでボルトを締める前に
スタンドを下ろしてタイヤを接地させ数回フロントフォークを縮めるようにと記載されていますので自身でされる方は注意してください。

IMG_0378.JPG
IMG_0380.JPG

このでっかいトルクスを締めるソケットプラグはシャフト購入時、同時に購入しました。
いざという時のために車載しておかないといけません。

さて 取付が完了したので交換前との違いを確認しました。下はその動画です。


回転時間が伸びていますね。
しかしこれだけでは違いを体感できません。

センタースタンドを下ろし、まずまたがったまま押してみると

おっ 軽く動く!

いつもまたがったまま押し引きすることがおおいので違いはすぐに分かりました。

降りて押しましたがこれも軽く動きます。

動き出しがとても軽く スッ と動き始めます。

肝心の走行レビューですがこれは翌日になります。  期待しておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日 走行しましたので感想をレポします。

一番感じられたのは アクセルON時のレスポンスが良くなったことでした。
この車両には レイン ロード ダイナミック と3つの走行モードがあり、普段はロードを使用していますが
少し出だしに不足を感じることがありました。
シャフト交換後はわずかなアクセルONで車体がスッと前に出る感じ
大げさですが加速が良くなった感じです。

回転抵抗が減少しているので、燃費もよくなってくれないかなぁ・・・。










この記事へのコメント